本文へ移動

栽培漁業のブログ(ときどき脱線予定)

鼻孔隔皮欠損1

2021-11-09
マダイの放流で「鼻孔隔皮欠損」という言葉が出てきます。

マダイの鼻の穴は左右に2個ずつあります。
この2個の穴がつながって一つの穴になっているのが鼻孔隔皮欠損の状態です。
本来、マダイには珍しいのですが、なぜか人が育てたマダイには頻繁に発生します。
奇形と言えるのかも知れません。

ではなぜ、人工生産のマダイにだけ多く発生するのか?
この隔皮は孵化後、しばらくして作られます。
その時の環境(水温、エサ、水質・・・)などが自然界と違うことが原因と思われます。

自然界でも隔皮欠損はおきているんだけど、そんな魚はまっさきに食べられているのかも。
というのも、自然界では孵化直後の魚はほとんど生き残ることはできない過酷な世界ですから。
公益財団法人
静岡県漁業振興基金
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町9番18号
TEL.054-255-2393
FAX.054-266-3337

静岡県漁業振興基金
公式ホームページ
漁業振興
助成事業
栽培漁業
マダイの稚魚
ヒラメの稚魚
種苗放流
中間育成
指定法人
沿岸漁業
0
0
7
7
5
0
TOPへ戻る