本文へ移動

栽培漁業のブログ(ときどき脱線予定)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地球温暖化と海の生物

2021-09-14
地球温暖化
海中林
事務局長の青木です。
地球温暖化は魚など海の生物にとっても大問題です。

ほとんどの生物は、適した水温があります。
今住んでいる場所の水温が上がれば、別場所に移動しなくてはなりません。
このため、魚の住む場所が北上(北半球)しています。

もっと問題なのは、水温が高くなると海の二酸化炭素(炭酸ガス)が減ります。
地上は二酸化炭素が増えて温室効果となっているのに海は逆です。
二酸化炭素などのガスは、水温が上がると溶けにくくなるのが理由です。

植物プランクトンが行う光合成に必要なのが二酸化炭素です。
光合成が減ると植物プランクトンや海藻が減り、それをエサにする動物が減ります。
更に、それをエサにする動物も減る・・・で海の全生物が減ります。

地球温暖化は陸上よりも大問題です。

キャベツで育つマダイ?

2021-09-13
キャベツを食べるウニ
筋肉はタンパク質でてきている
昨日、キャベツで育てたウニのことをテレビで見ました。
前回のブログで「魚を育てるために魚を使う」ことを書きました。
廃棄する部分の野菜をエサに養殖をするのは、良い方法ですね。
 
本来、動物が育つにはタンパク質が必要です。
植物には、タンパク質や、その原料となるアミノ酸が少ないので、動物の餌としては向いていません。

ところが草食動物は体内のバクテリアを使って、植物からアミノ酸を作ることができます。
魚も、アミノ酸を作るバクテリアと共生できれば「キャベツ・マダイ」ができるかも。
ただし、養殖には良くても、海で海藻を食べちゃうので放流はできませんね。

魚を育てるために魚を使う

2021-09-10
餌になるシオミズツボワムシ
魚は魚を食べる
魚はおいしい
放流用の稚魚は、最初こそプランクトンを食べますが、すぐに配合飼料(人工の餌)を食べるようになります。
配合飼料の主成分は魚粉という魚肉を粉にしたものです。
魚の多くは肉食なので、動物タンパクが必要です。
これは豚や牛とは違いです。
 
放流用の魚をたくさん作るほど、その何倍もの天然魚がエサに必要です。
これは養殖魚も同じです。
実際に世界的に養殖が増えたことで、魚粉の取り合いになっています。
このままでは、栽培漁業も養殖もできなくなります。
困った・・・
 
解決策はあります。
植物タンパクで成長する魚を作ることが1つ。
それと、餌に魚ではなく虫を使うこと。
すでに食用ウジ虫が広く利用されています。
 
栽培漁業を拡大するには、このような多くの課題を乗り越える必要があります。
前途多難ですが、虫を直接食べるより、魚を食べたいと思いませんか?
そのうち、プラスチックゴミを消化できる魚もできるといいなぁ。

栽培漁業の難しさ その4 費用はどうする?

2021-09-09
放流はお金がかかる
気持ち良く協力
パートナーが大事
川の場合は、釣り客が遊漁券(入漁料)を購入し、漁協はその利益で放流できます。
だから川の魚はなくなりません。

海でも同じなら良かったんですけどね。
 
放流した魚は誰が釣っても良いので、栽培漁業は漁師のためだけにやっているのはありません。
むしろ、公共というか、海を利用する皆さんのためにやっています。
釣りをしなくても、魚を食べるなら含まれますよ。
 
公共といえば、某公共放送はテレビがあると受信料を払わないと行けません。
皆さん、受信料を納得して気持ちよく払っていますか?
公共放送を観ない人はどうですか?
 
海で釣る人に
「マダイが釣れるかもしれないからお金払って!」
と迫るのは・・・
 
栽培漁業はお金がかかります。
でも、その意義を理解もらい、できれば気持ちよく協力して欲しいと思っています。

実は、今年の放流では気持ち良く協力してくれるパートーナーが現れました。
近く、ホームページをリニューアルされご紹介する予定です。
多くのパートナーを作ることで、栽培漁業が前進すると思っています。

栽培漁業の難しさ その3

2021-09-08
鮎釣り
放流

川でも魚の放流(栽培漁業)を行っていますが、海とは違うことがたくさんあります。


多くの川では、漁協が魚を捕る権利(漁業権)を持っています。
漁業権がある川では、釣り客が遊漁券を漁協から買わなくてはいけません。

その代わり漁協には放流が義務づけられています。


広い海と違って、自由に魚を捕るだけだと、あっという間に魚がいなくなります。
漁協は釣り客に遊漁券を販売して利益を得ますが、その利益で放流する稚魚を購入します。

放流した魚は、ほとんどがその川で釣られてしまうので、放流効果も高いです。
魚を放流して資源(魚の量)を維持するシステムができているんです。

ですから川で釣りをするときは、必ず遊漁券を買ってくださいね。

 

ところが海の魚では、放流資金を釣り客から得ることはできません。
でも、捕る一方では魚は減っていきます。
・・・さあ、どうしましょう?

 

ちなみに、海の漁協は漁師が組合員ですが、川には漁師(まれに例外あり)がいません。
組合員は地域の釣り好きの方が中心です。
詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。
https://www.fishpass.co.jp/news/archives/7560

公益財団法人
静岡県漁業振興基金
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町9番18号
TEL.054-255-2393
FAX.054-266-3337

静岡県漁業振興基金
公式ホームページ
漁業振興
助成事業
栽培漁業
マダイの稚魚
ヒラメの稚魚
種苗放流
中間育成
指定法人
沿岸漁業
0
0
8
9
0
8
TOPへ戻る