公益財団法人 静岡県漁業振興基金(公式ホームページ)|漁業振興│助成事業|栽培漁業|マダイ稚魚|ヒラメ稚魚|種苗放流|中間育成|指定法人|沿岸漁業

qrcode.png
http://www.so-gskikin.jp/
モバイルサイトにアクセス!
公益財団法人 静岡県漁業振興基金
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町9番18号
TEL.054-255-2393
FAX.054-266-3337
 
 
静岡県漁業振興基金
公式ホームページ 
漁業振興
助成事業
栽培漁業
マダイの稚魚
ヒラメの稚魚
種苗放流
中間育成
指定法人
沿岸漁業
007288
 

トップページ

 

新着情報

新着情報
  2021-09-01 令和2年度業務報告書をアップしました
  2021-08-27 ブログ始めました。このページの下部にあります。
  2021-04-01 令和3年度地域振興事業を募集します。
  2019-12-18 年末年始のお休みについて
  2019-04-05 平成最後の駿府城の桜
 

栽培漁業(稚魚放流)の様子

栽培漁業(稚魚放流)の様子
  • 中間育成用の囲い網へのクルマエビ収容作業
  • ヒラメの稚魚
  • クエの稚魚
  • クルマエビの稚えび
  • マダイの稚魚
  • アワビの稚貝
  • 中間育成で育てたマダイ稚魚の取上げ・計数作業
  • 幼稚園児によるマダイ稚魚の体験放流
中間育成用の囲い網へのクルマエビ収容作業
ヒラメの稚魚
クエの稚魚
クルマエビの稚えび
マダイの稚魚
アワビの稚貝
中間育成で育てたマダイ稚魚の取上げ・計数作業
幼稚園児によるマダイ稚魚の体験放流
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
 公益財団法人 静岡県漁業振興基金の公式ホームページへようこそ! 静岡県漁業振興基金の法人の概要や活動内容等について、このホームページを通じて情報発信を行ってまいりますので、よろしくお願いいたします。
 当法人は、静岡県の沿岸漁業の振興と海洋資源(水産資源)の培養に取組み、水産業及び県民生活の向上に努めています。県内団体が行う漁業振興の取組を支援する助成事業やマダイ稚魚やヒラメ稚魚等を中間育成し放流(種苗放流)する栽培漁業などの事業を積極的に行っています。栽培漁業においては、県が定める指定法人となっています。
 当法人が行う事業は、漁業振興公害対策事業と栽培漁業推進事業の二つです。 
 漁業振興公害対策事業では、静岡県の沿岸漁業振興のため、漁業振興対策、漁業公害対策、漁業環境保全対策、教育広報等を行っています。
 栽培漁業推進事業では、 静岡県が定める静岡県栽培漁業基本計画に基づいて、マダイ、ヒラメ、クルマエビ等の人工的にふ化(種苗生産)された稚魚等を、漁業者や市町の協力を得て放流に適した大きさまで育成(中間育成)し、沿岸域に放流しています。
 

静岡県漁業振興基金のご紹介

静岡県漁業振興基金のご紹介
 
 

栽培漁業のブログ(ときどき脱線予定)

栽培漁業のブログ(ときどき脱線予定)
フォーム
 
キャベツで育つマダイ?
2021-09-13
昨日、キャベツで育てたウニのことをテレビで見ました。
前回のブログで「魚を育てるために魚を使う」ことを書きました。
廃棄する部分の野菜をエサに養殖をするのは、良い方法ですね。
 
本来、動物が育つにはタンパク質が必要です。
植物には、タンパク質や、その原料となるアミノ酸が少ないので、動物の餌としては向いていません。

ところが草食動物は体内のバクテリアを使って、植物からアミノ酸を作ることができます。
魚も、アミノ酸を作るバクテリアと共生できれば「キャベツ・マダイ」ができるかも。
ただし、養殖には良くても、海で海藻を食べちゃうので放流はできませんね。
 
魚を育てるために魚を使う
2021-09-10
放流用の稚魚は、最初こそプランクトンを食べますが、すぐに配合飼料(人工の餌)を食べるようになります。
配合飼料の主成分は魚粉という魚肉を粉にしたものです。
魚の多くは肉食なので、動物タンパクが必要です。
これは豚や牛とは違いです。
 
放流用の魚をたくさん作るほど、その何倍もの天然魚がエサに必要です。
これは養殖魚も同じです。
実際に世界的に養殖が増えたことで、魚粉の取り合いになっています。
このままでは、栽培漁業も養殖もできなくなります。
困った・・・
 
解決策はあります。
植物タンパクで成長する魚を作ることが1つ。
それと、餌に魚ではなく虫を使うこと。
すでに食用ウジ虫が広く利用されています。
 
栽培漁業を拡大するには、このような多くの課題を乗り越える必要があります。
前途多難ですが、虫を直接食べるより、魚を食べたいと思いませんか?
そのうち、プラスチックゴミを消化できる魚もできるといいなぁ。
 
栽培漁業の難しさ その4 費用はどうする?
2021-09-09
川の場合は、釣り客が遊漁券(入漁料)を購入し、漁協はその利益で放流できます。
だから川の魚はなくなりません。

海でも同じなら良かったんですけどね。
 
放流した魚は誰が釣っても良いので、栽培漁業は漁師のためだけにやっているのはありません。
むしろ、公共というか、海を利用する皆さんのためにやっています。
釣りをしなくても、魚を食べるなら含まれますよ。
 
公共といえば、某公共放送はテレビがあると受信料を払わないと行けません。
皆さん、受信料を納得して気持ちよく払っていますか?
公共放送を観ない人はどうですか?
 
海で釣る人に
「マダイが釣れるかもしれないからお金払って!」
と迫るのは・・・
 
栽培漁業はお金がかかります。
でも、その意義を理解もらい、できれば気持ちよく協力して欲しいと思っています。

実は、今年の放流では気持ち良く協力してくれるパートーナーが現れました。
近く、ホームページをリニューアルされご紹介する予定です。
多くのパートナーを作ることで、栽培漁業が前進すると思っています。
 
栽培漁業の難しさ その3
2021-09-08

川でも魚の放流(栽培漁業)を行っていますが、海とは違うことがたくさんあります。


多くの川では、漁協が魚を捕る権利(漁業権)を持っています。
漁業権がある川では、釣り客が遊漁券を漁協から買わなくてはいけません。

その代わり漁協には放流が義務づけられています。


広い海と違って、自由に魚を捕るだけだと、あっという間に魚がいなくなります。
漁協は釣り客に遊漁券を販売して利益を得ますが、その利益で放流する稚魚を購入します。

放流した魚は、ほとんどがその川で釣られてしまうので、放流効果も高いです。
魚を放流して資源(魚の量)を維持するシステムができているんです。

ですから川で釣りをするときは、必ず遊漁券を買ってくださいね。

 

ところが海の魚では、放流資金を釣り客から得ることはできません。
でも、捕る一方では魚は減っていきます。
・・・さあ、どうしましょう?

 

ちなみに、海の漁協は漁師が組合員ですが、川には漁師(まれに例外あり)がいません。
組合員は地域の釣り好きの方が中心です。
詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。
https://www.fishpass.co.jp/news/archives/7560

 
自己紹介2
2021-09-07

こんにちは、事務局長の青木です。
自己紹介の続きです。

 

静岡県の職員であったころ、どの職場でも取り組んだことがあります。
それはやっている仕事を多くの方に知ってもらうこと。

 

例えば研究所で優れた研究をしても、知ってもらわないと役に立ちません。
また県の機関として、どんな仕事をしているか県民に正しく知ってもらうことも大事です。

 

かつての私の職場「水産・海洋技術研究所伊豆分場」では広報用に「伊豆分場だより」を発行しています。
https://fish-exp.pref.shizuoka.jp/izu/0006/index.html
これは20ページ以上もあるりっぱなもの。
季刊(年4回)ですが、執筆する職員も大変です。

 

私が始めたのは、1ページで、毎月発行する「伊豆分場ニュース白浜」です。
https://fish-exp.pref.shizuoka.jp/izu/0012/index.html
情報はタイムリーでコンパクトに!が目的です。

 

文字数が少ないと読んでもらいやすいし、ネタも新鮮なことが大事です。
このブログもわかりやすく、少ない文字数を意識して続けるつもりです。

 

ちなみに、伊豆分場は栽培漁業の研究をずーと行っています。
最近リニューアルされました。
展示室もあるので、ぜひお立ち寄りください。

2
<<公益財団法人 静岡県漁業振興基金>> 〒420-0853 静岡県静岡市葵区追手町9番18号 TEL:054-255-2393 FAX:054-266-3337