公益財団法人 静岡県漁業振興基金(公式ホームページ)|漁業振興│助成事業|栽培漁業|マダイ稚魚|ヒラメ稚魚|種苗放流|中間育成|指定法人|沿岸漁業

qrcode.png
http://www.so-gskikin.jp/
モバイルサイトにアクセス!
公益財団法人 静岡県漁業振興基金
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町9番18号
TEL.054-255-2393
FAX.054-266-3337
 
 
静岡県漁業振興基金
公式ホームページ 
漁業振興
助成事業
栽培漁業
マダイの稚魚
ヒラメの稚魚
種苗放流
中間育成
指定法人
沿岸漁業
003860
 

栽培漁業推進事業

 

平成30年度事業計画

平成30年度事業計画
 
 平成27年3月に策定された第7次静岡県栽培漁業基本計画(計画期間:平成27~33年度)に基づき、以下のとおりマダイ・ヒラメ等の種苗中間育成・放流事業を実施します。 
○放流目標 
  1 放流効果実証事業
     マダイ(60㎜)1,050千尾、伊豆地域・中部地域・榛南地域
     ヒラメ(60㎜) 320千尾、榛南地域・沼津市
  2 地域放流効果普及事業(自主事業)
     クルマエビ(15㎜)1,800千尾(直接放流)、浜名湖
 

マダイ・ヒラメ種苗放流計画(放流効果実証事業)

マダイ・ヒラメ種苗放流計画(放流効果実証事業)
 
魚 種 マダイ 合 計
海 域 伊 豆
中 部 榛 南
県 内
種苗受入れ尾数 90万尾 20万尾 50万尾 160万尾
種苗放流尾数 59.2万尾 13.1万尾 32.8万尾 105万尾
 
魚 種 ヒラメ 合 計
海 域 沼津市
榛 南
県 内
種苗受入れ尾数 6万尾 42万尾 48万尾
種苗放流尾数 4万尾 28万尾 32万尾
 

クルマエビ種苗放流計画(地域放流効果普及事業(自主事業))

クルマエビ種苗放流計画(地域放流効果普及事業(自主事業))
 
魚 種 クルマエビ
海 域 浜名湖
種苗放流尾数 180万尾
 

平成29年度事業計画・結果

平成29年度事業計画・結果
 
 マダイは、伊豆から榛南までの県内5か所の中間育成場で20~30㎜サイズの種苗160万尾を中間育成し、60㎜サイズの稚魚105万尾を放流する予定でしたが、結果は151万尾を中間育成し、計画の61.5%の64.6万尾の放流にとどまりました。
 ヒラメは、榛南で30㎜サイズの種苗42万尾を中間育成し、60㎜サイズの稚魚28万尾を放流する予定でしたが、結果は計画の105.4%の29.5万尾の放流ができました。
 この他に、放流効果実証事業として、沼津地区でヒラメ種苗6万尾の中間育成を行い2.8万尾(計画の70%)の放流を行い、DNA標識をしたクルマエビ種苗180万尾を浜名湖に直接放流しました。
 マダイでは、温水センター本所の生産不調により、榛南では神奈川県栽培センターより10万尾の種苗供給を受け、伊豆地域は計画より、9万尾少ない中間育成となりました。また県全体で中間育成歩留りが悪く、平均42.8%の歩留りとなりました。
 

マダイ中間育成・放流計画及び結果(資源増大推進普及事業・地域栽培推進事業)

マダイ中間育成・放流計画及び結果(資源増大推進普及事業・地域栽培推進事業)
 
魚 種 マダイ 合 計
海 域 伊 豆
中 部 榛 南
県 内
計画・結果 計画 結果 計画 結果 計画 結果 計画 結果
種苗受入れ尾数 90万尾 81万尾 20万尾 20万尾 50万尾 50万尾 160万尾 151万尾
種苗放流尾数 59.2万尾 32.9万尾 13.1万尾 11.4万尾 32.8万尾 20.4万尾 105万尾 64.6万尾
 

ヒラメ中間育成・放流計画及び結果(資源増大推進普及事業・地域栽培推進事業)

ヒラメ中間育成・放流計画及び結果(資源増大推進普及事業・地域栽培推進事業)
 
魚 種 ヒラメ
海 域 榛南
計画・結果 計画 結果
種苗受入れ尾数 42万尾 42万尾
種苗放流尾数 28万尾 29.5万尾
 

放流効果実証事業の計画及び結果

放流効果実証事業の計画及び結果
 
魚 種 ヒラメ クルマエビ
海 域 沼津市 浜名湖
計画・結果 計画 結果 計画 結果
種苗受入れ尾数 6万尾 6万尾 -
-
種苗放流尾数 4万尾 2.8万尾 180万尾 180万尾
 

栽培漁業とは

栽培漁業とは
 
 栽培漁業とは、人工的に生産・育成された種苗(稚魚等)を天然海域に放流して、水産資源を増やして漁獲すること(種苗生産・育成~放流~漁獲)をいいますが、これらに加え、魚介類の成育に適した環境を造ったり(漁場造成)、漁獲の時期や方法を管理したり(漁獲管理=資源管理)することを含めて、栽培漁業と呼ぶ場合もあります。つまり、栽培漁業とは、人間が積極的に水産資源に働きかけて生産を増やそうという取組みであり、漁業の発展した姿ともいえます。
 
 
種苗生産
魚貝類の種苗(稚魚など)を大量に生産します。
種苗生産魚
 
 
 
 
中間育成
放流後の生き残りを高めるためにさらに大きく育てます。
中間育成
 
 
 
 
種苗放流
魚貝類の種苗(稚魚など)を大量に放流します。
種苗放流
 
 
 
 
 
漁場造成
魚礁設置など魚の成育に適した環境づくりです。
漁場造成
 
 
 
 
漁獲
大きくなった放流魚を漁業や遊漁で漁獲します。
漁獲
 
 
 
 
 
漁獲管理
魚を持続的・安定的に漁獲するため漁獲を規制します。
漁獲管理
<<公益財団法人 静岡県漁業振興基金>> 〒420-0853 静岡県静岡市葵区追手町9番18号 TEL:054-255-2393 FAX:054-266-3337