本文へ移動

栽培漁業のブログ(ときどき脱線予定)

栽培漁業の問題

2021-11-05
当法人ではマダイやヒラメを県下で放流しています。
本当はいろいろな魚種の放流要望があります。
しかし、技術的にもコスト的にも対応できないのが現実です。

マダイもヒラメも、以前は高価格の魚種でした。
だから放流魚種になったんですね。
理由はいろいろありますが、価格が下落しました。
マダイを捕るのが漁業よりレジャーの方が多いのも、これが原因。
漁師はマダイより高く売れるキンメダイを捕ります。

でも、キンメダイだって昔は安かったんです。
これが近年、千葉県がキャンペーンを行いキンメダイが全国的にブレーク。
人気魚種となりました。

マダイは美味しい魚なのに、今は不当に低く評価されています。
今こそ、マダイを再びスターにしなくてはいけません。
せっかく放流で資源量が維持されているんですから!
公益財団法人
静岡県漁業振興基金
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町9番18号
TEL.054-255-2393
FAX.054-266-3337

静岡県漁業振興基金
公式ホームページ
漁業振興
助成事業
栽培漁業
マダイの稚魚
ヒラメの稚魚
種苗放流
中間育成
指定法人
沿岸漁業
0
0
7
7
5
0
TOPへ戻る